×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講演

鎌仲 ひとみ 鎌仲 ひとみ監督講演会

「テーマ」 福島と日本の現在と今私たちがするべきこと

  • トークショー  9/11(日) 13:20 ~ 14:20
  • 場所:佐久市ミレニアムパーク 特設ステージ
イベントスペースで講演後、お隣の勤労者福祉センターにて監督と直接お話の出来る座談会を行います。どなたでもご自由にご参加ください。

  • 座談会
  • 場所 勤労者福祉センター(長野県佐久市ミレニアムパーク隣)
  • 時間 15:00 ~17:00

鎌仲 ひとみ

http://twitter.com/#!/kama38

映像作家。

早稲田大学卒業と同時に、ドキュメンタリー制作の現場へ。

1991年バリ島を舞台とした自主制作監督作品「スエチャおじさん バリ/夢/うつつ」により、文化庁 の遣助成金を受け、カナダ国立映画製作所へ渡る。93年からニューヨークでメディア・アクティビ スト集団「ペーパー・タイガー・テレビ」に参加。

1995年の帰国以来、フリーの映像作家として、テレビ、映画の監督をつとめる。 主にNHKで『エンデの遺言-根源からお金を問う』など番組を多数監督。 2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」を監督。 国内外で多数の賞を受賞。全国400ヶ所で上映。 2006年『六ヶ所村ラプソディー』は国内外650ヶ所で上映。 2010年4月、待望の最新作『ミツバチの羽音と地球の回転』完成。

全国各地で上映会やトークショウが多数開催されており、311以後、twitter等でも反響 をよんでいる。3月26日に佐久市でも上映会が開催された。

【代表作品】

映画

  • 1990年 『スエチャおじさん バリ・夢・うつつ』
          芸術文化復興基金助成事業
  • 2003年 『ヒバクシャ―世界の終わりに』
         第12回地球環境映像際アースビジョン大賞ほか多数受賞
  • 2006年 『六ヶ所村ラプソディー』
            文化庁支援
  • 2010年 『ミツバチの羽音と地球の回転』

テレビ

  • 1998年 『心の病がいやされる時 今日本の家族に何が起きているのか』
              ATP優秀ドキュメンタリー賞
  • 1999年 『エンデの遺言─根源からお金を問う』
              ギャラクシー賞
  • 1999年 『戦禍にみまわれた子供たち─湾岸戦争8年後のイラク─ 』
              NHK局長賞
  • 2001年 『NHKがんを生き抜く─希望を支える医療の記録』
              ATP優秀ドキュメンタリー賞
  • 2001年 『坂本龍一銀行の未来─続エンデの遺言』

このページの先頭へ